お風呂場の水垢と浴室の鏡の鱗状痕をきれいに落とす方法

浴室の水垢って、放っておくと大変なことになってませんか?
お風呂場の鏡にも白い水垢がこびりついて、ちょっとやそっと擦ったくらいでは落ちなくなってしまいます。

うちのお風呂はこんな感じでした。
↓   ↓   ↓

DCF00583.JPG

 

鏡の鱗状痕

浴室内の壁や鏡には、水道の塩素と浴室内の様々な汚れがガッチリ付着しています。

ちょっとやそっと、擦ったくらいでは落ちません。

バスマジックリン等のような、一般的な浴室用の洗剤を使ってみましたが、まあ、見事に効き目なしです。

まったくと言っていいほど(泣)

はっきり言って途方に暮れました。

 

皆さんならどうしますか?

ハウスクリーニングのプロに頼めば、ものの数時間でピカピカにしてくれるのでしょうが、私はこの時こう思いました。

「自分で掃除をしてこそ、ハウスクリーニングの価格の価値が初めてわかるってもんだ!」

これが間違いの元であるとも知らずに…。

まず、調べました。このお風呂場の汚れのことを。

この鏡についた汚れは、「鱗状痕」と言うのです。

鱗(うろこ)状の痕(あと)と書いて鱗状痕ですね。

鱗状痕落としのスポンジは使えるのか!?

まずはホームセンターで探してみたら、鱗状痕落とし用のスポンジが市販されているではありませんか!

ポリエチレンのスポンジに、ダイヤモンド研磨剤のパッドがついているものです。

これで鏡の表面に付着したしつこい汚れを削り落とすという訳です。

なんだ、こんな便利なものがあったのかと、早速購入し、試してみた。

どれどれ。「水をつけてこするだけ」と書いてあります。

指が痛い。

なかなか落ちない。

 

その結果、頭にきて捨てました。

なので写真がないんです。スミマセン。

まあ、物理的に擦って数るわけですから、もちろん多少は落ちます。

ですが、それでも全部は落ちません。

しかも、多少目立たなくするためには相当な力が要ります。

そして、それだけ力を入れてスポンジで擦っていると、スポンジも直ぐにボロボロ。

我が家の風呂場の鏡すべてをピカピカにするなんて無理です。

更に、鏡以外の場所は、傷つけてしまうので使えません。
(わたくし、実際に壁に傷つけてしまって大ショック!)

 

このスポンジを利用した方法は、あきらめました。

鱗状痕落とし用の洗剤を買ってみた!

今度は、楽天やAmazonなどで、鱗状痕落としに効きそうな洗剤を探してみました。

「スケール除去剤」というものがあります。

鏡などにこびりついた鱗状の汚れを別名「スケール」と言うようです。

厳しい審査基準をクリアした優良業者から簡単一括見積りで【高品質】&【最安値】を実現する。


LINEで送る

[`evernote` not found]