妊娠中で動くのがつらい

お掃除は想像以上に重労働ですよね。

掃除機を10分もかけていると、約20kcalは消費できるといわれています。

雑巾がけにいたっては、10分で40kcalも消費できるほどなのです。

気合を入れて掃除をしていると汗をかいてしまうほどですから、意識していなくても相当体力を消耗しているのでしょう。

ダイエットをしたい人には積極的に自分でお掃除をすることをお勧めします。

お掃除は生活に欠かせない家事ですが、妊娠中となると状況が変わります。

妊娠初期の頃は個人差がありますが、人によってはとても体調が悪くなると思います。

つわりで食事も満足に摂れなくなり体を動かすことも難しくなってしまう方も多いでしょう。

安定期に入ると体調が戻る方も多いですが、引き続き体調が不安定になる方も多いです。

臨月には体を動かしたほうがいいと言われますが、大きなお腹でお掃除をするのは大変です。

また、切迫早産や切迫流産と診断されると安静にしているように医師から指示されるので、お掃除もままならなくなると思われます。

妊娠中は絶対に無理をしないことが大切です。

そうは言っても、掃除をしないで放っておくと、無常にも家の中はどんどん汚れていってしまうのもまた事実です。

妊娠中で動くのが辛いのでお掃除があまりできないという場合は、無理をしないでお掃除のプロにハウスクリーニングをお任せしてみてはいかがでしょうか。

毎日使うキッチンや浴室、トイレなどの水まわりのお掃除から、エアコンの清掃、床掃除、窓ガラス掃除などとにかく気になる箇所だけでも対応してくれます。

なかなか掃除ができなくて汚れが気になりイライラしてしまうとお腹の赤ちゃんにもよくありませんので、お掃除のことはプロにお任せして元気な赤ちゃんを産んでください。

そして、デリケートな赤ちゃんには「清潔」はとても重要です。
生まれてくる赤ちゃんをピカピカなキレイなお家で迎えてあげましょう。

厳しい審査基準をクリアした優良業者から簡単一括見積りで【高品質】&【最安値】を実現する。


LINEで送る

[`evernote` not found]