敷金の返金をアップさせたい

賃貸で家を借りている方のほとんどは入居時に敷金を支払っているかと思います。

敷金とは大家さんにとって保険的な意味合いのある預り金で、例えば入居した方が家賃を滞納してしまった場合は滞納分の家賃が敷金から差し引かれたりすることになります。

入居者が部屋の一部をは破損してしまった場合などにも、故意かそうでないかを問わず、退去時には敷金から修繕費用として差し引かれることになります。

敷金の性質上、基本的には退去した時に返金されるお金なのですが、これらの理由によっては返金されない場合もあるということを覚えておきましょう。

退去時にはきちんと掃除をしてキレイな状態にすることが常識ですが、汚れが見受けられる場合にはハウスクリーニングを行なってキレイな状態にしてから退去する手続きをとることが必要となります。

この時にハウスクリーニングの費用が敷金から差し引かれてしまうこともありますので、注意が必要です。

本来であれば安い値段でハウスクリーニングができるのに、自動的に敷金から引かれてしまうとなるとちょっと納得がいかないような気がしませんか?

それなら自分で格安で質の良い仕上げにしてくれる専門業者に依頼することでハウスクリーニングに必要な費用を削減することができます。

不動産管理会社が用意する清掃業者が一方的な値段で掃除して、言い値を敷金から差っ引かれるのではなく、自分でハウスクリーニング業者を依頼したい旨を不動産管理会社に伝えましょう。

ハウスクリーニング業者がキチッと掃除したお部屋を退出時に引き渡せば、結果的に敷金が全額もしくはほぼ全額が戻ってくるでしょう。

ハウスクリーニングの費用がいくらぐらい必要になるのかは専門業者に見積もってもらうことをおすすめします。見積りは何社からとっても無料ですから!

できれば1社だけでなく、いくつかの業者に見積もり金額と掃除内容を教えてもらいましょう。

厳しい審査基準をクリアした優良業者から簡単一括見積りで【高品質】&【最安値】を実現する。


LINEで送る

[`evernote` not found]