プロのお掃除の方法・手順とは?

ハウスクリーニングを依頼するとお掃除のプロによってとてもキレイに仕上げてもらうことができます。

 プロのお掃除の方法は、到底素人には真似のできないようなテクニックを駆使しているように思えてしまいますよね。

お掃除のプロたちはどのような方法でお掃除をしているのでしょうか。

こちらのカテゴリでは、プロのお掃除の方法をご紹介しています。

各ハウスクリーニング業者さんによって作業方法の違いはありますが、ここではごく一般的な作業内容をご紹介しています。

依頼する前に作業内容をきちんと確認して、不明な点があれば業者さんに確認すれば、
「こんなはずじゃなかった。」
といった、後々のトラブルを防止することができますよ。

ハウスクリーニングを行う業者の多くはスーパーの清掃用具売り場などではあまりお目にかかることのないような業務用の特殊な道具や洗剤を使用しています。

「それなら業務用の道具と洗剤を手に入れることができたら自分でもプロと同じような仕上がりのお掃除ができるのではないか?」
と思われた方もいらっしゃるでしょう。

残念ですが、その洗剤をただ使っただけではプロと同じような効果がうまく出ないのです。

汚れに対して最適な洗剤を選び、最適な掃除の方法を駆使することで初めて効果を発揮することができるのです。

洗剤の正しい使い方に関してはやはりプロがこれまでに培ってきた知識と経験が必要ということなのですね。

プロによるハウスクリーニングの仕上がりがキレイになるのは、プロ用の洗剤とプロによる使い方に秘密があるといえます。

もちろん、その「汚れを見る目」に加えて、経験によって培われた「技術」「コツ」などはそう簡単に真似できるものではありません。

だからこそ素人では真似のできない仕上がりになるのです。

一度プロによるハウスクリーニングを行なってもらうと汚れが一掃されるのでその後のお手入れがとても簡単になります。

できるだけ長くお部屋の美しさを保つためにも汚れに応じた洗剤の選び方やお掃除のテクニックなどをこっそり教えてもらうことをおすすめします。

厳しい審査基準をクリアした優良業者から簡単一括見積りで【高品質】&【最安値】を実現する。


LINEで送る

[`evernote` not found]


エアコンのお掃除

エアコンのお掃除の手順としてはまず、エアコンの周りを養生することから始まります。

掃除によって壁が汚れてしまわないようにするためです。

次にフィルターやカバーなどを取り外してしまい丁寧に洗います。

エアコン機能でフィルターを清掃していても落としきれていない汚れもありますので、人間の手によって洗浄した方がキレイに仕上がります。

次にエアコン内部のシロッコファンやアルミフィンの部分を特殊な洗剤などを使用してキレイにします。

ハウスダストの温床となっているエアコン内部までキレイに仕上げます。

業者によっては最後の仕上げとして防カビ剤を散布することもあります。

外していたフィルターやカバーをセットして作業終了となります。

エアコンクリーニングの方法・手順【業者1】

 

エアコンクリーニングの方法・手順【業者2】

分解後、熱交換器高圧洗浄(1時間/1台)

最近のエアコンにはフィルターを自動的に掃除する機能がついているので、わざわざ自分で掃除する必要がないと考えている方も多いかと思います。

しかし、あまり目にすることのないエアコン内部にはハウスダストがたっぷり溜まっていることがよくあります。

嫌な臭いが充満するようになったり、なかなか部屋が快適な温度にならないという症状が出だしたらハウスダストが溜まっているのが原因かもしれません。

そのため定期的なお掃除が必要となりますが、素人ではなかなかうまく掃除ができませんので、お掃除のプロにエアコンクリーニングを依頼しましょう。

なお、室内機だけに目が向いてしまいますが、室外機についても故障を予防するためにも清掃は必要なので合わせて掃除を依頼するのがおすすめです。

厳しい審査基準をクリアした優良業者から簡単一括見積りで【高品質】&【最安値】を実現する。


LINEで送る

[`evernote` not found]


フローリング床のお掃除

まずはワックスが壁などにつかないように必要な箇所の養生をします。

次にフローリングの状態によって古いワックスを剥がす必要がある場合は剥がします。(剥離作業)

フローリングの表面をよく洗浄、水拭きをしてからしっかり乾燥させます。

その後ワックスを塗りますが、業者によってはワックスの二度塗りを行います。

ワックスが乾いたら作業は終了となります。

フローリング床洗浄クリーニングの方法・手順【業者1】

フローリング床洗浄クリーニングの方法・手順【業者2】

  フローリングの状態によって古いワックスを剥離する(剥がす)作業が必要になる場合があります。

汚れたワックスの上に新しいワックスを塗り重ねてもキレイな仕上がりにならないからです。

掃除を行う当日または事前にフローリングの状態を見たうえで業者に最適な方法を提案してもらうことをおすすめします。

 

フローリング床【剥離】クリーニングの方法・手順

  業者によって対応は異なりますが、ワックスの種類を選択できる場合もあります。

環境ホルモンを含まないので赤ちゃんやペットがいても安心して使えるものや、抗菌剤が配合されているもの、傷や汚れからしっかり守ることができ耐久性に優れたものなどワックスにも色々種類がありますので、ご希望のワックスがあれば業者に事前に伝えておくようにしましょう。

フローリング床は長年経過すると次第に傷が目立ちだしたり、くすみが生じてしまいます。

そこで定期的にワックスをかけてお手入れすることでとても美しい輝きを取り戻すことができ、お部屋の中が見違えるほど明るくなります。

ハウスクリーニング業者にフローリング床のクリーニングを依頼した場合のお掃除や手順をご紹介します。

より詳しいフローリング床クリーニングの方法・手順の一例を知りたい方は、こちらのページを参照して下さい。

厳しい審査基準をクリアした優良業者から簡単一括見積りで【高品質】&【最安値】を実現する。


LINEで送る

[`evernote` not found]


トイレのお掃除

掃除のプロによって掃除の方法は異なるかと思いますが、基本的にはトイレの室内全てをお掃除することになります。

まず、トイレの天井・換気扇・照明・壁から丁寧に拭き掃除を行います。

次に便器に取り掛かりますが、タンク付き便座の場合はタンク周りも念入りにお掃除します。

便器には頑固な尿石がこびりついていますので、専用の洗剤を使いながら徹底的にキレイに仕上げていきます。

便器の下の方には汚れが残りやすくお掃除が行き届いていないと臭いを放つ原因にもなりますので、しっかりとお掃除しておきます。

最後に床をキレイに磨き上げて作業は完了となります。

トイレクリーニングの方法・手順【業者1】

 

トイレクリーニングの方法・手順【業者2】

便器・便座・換気扇のカバー・照明・床・タンク水うけ(1時間)

  トイレは毎日使う場所ですから汚れが残りやすいのでお掃除が大変に感じるかと思います。

お掃除をする時間が足りなくて何日か放おっておくと嫌な臭いが発生してしまいます。

まめに掃除をしていても、尿と水道水の成分が反応して尿石となり便器に汚れがこびりついてしまうこともよくあります。

一度尿石がついてしまうとなかなか落としきることができなくなります。

汚れは便器だけでなく、尿の飛び散りにより床や壁にも残りやすいので念入りにお掃除が必要となります。

自分で汚れが落としきれない場合でも諦めてしまわないで、ハウスクリーニングを行なっているお掃除のプロにトイレクリーニングを依頼してみましょう。

トイレの臭いがや汚れがなかなか落とせないと気になる場合は、是非お掃除のプロにお任せしてみてください。

新品の頃のようにキレイなトイレが蘇ることでしょう。

厳しい審査基準をクリアした優良業者から簡単一括見積りで【高品質】&【最安値】を実現する。


LINEで送る

[`evernote` not found]


浴室のお掃除

お掃除のプロによる浴室クリーニングはそれぞれのお宅の状態に合ったお掃除方法を行います。

基本的には浴室全体を清掃するとお考えください。

ハウスクリーニング業者によって独自の洗剤を使用していますが、カビ取り剤は強力で自分では取りきれなかったカビもキレイに仕上げてくれます。

まずは換気扇や照明、天井、壁、蛇口、シャワー、排水口などを隅々までお掃除してきれいにします。

鏡には頑固な水垢が残りやすいですが、お掃除のプロの手にかかればピカピカに仕上がります。

浴槽内も丁寧に磨き上げて、浴室全体を乾拭きして水分をしっかり 取り除いて完了となります。

 

浴室クリーニングの方法・手順【業者1】

 

浴室クリーニングの方法・手順【業者2】

浴槽、鏡、 換気扇のカバー、照明器具、ドア、蛇口、壁、床(2時間~3時間)

 

浴室は疲れた体を癒し、キレイに体を洗う場所なので常に清潔な環境を保ちたいものです。

でも、浴室はどうしても湿気が発生しますのでカビや水垢が発生しやすい場所でもあります。

石鹸カスや体から出る皮脂汚れによっても汚れが残りやすいため、日常的に念入りなお掃除が必要となります。

しかし、毎日のように念入りなお掃除をするのは案外難しいものです。

キレイだと思ってちょっとでも手を抜いて油断するといつの間にかカビだらけになってしまうこともよくあります。

カビの根が深くなってしまうとどんなにキレイにお掃除しても、またすぐにカビが生えてきてしまいなかなかキレイな状態をキープできなくなってしまいます。

清潔感のある浴室にするためにも、ハウスクリーニングを専門的に行なっているお掃除のプロにお任せしてみましょう。

厳しい審査基準をクリアした優良業者から簡単一括見積りで【高品質】&【最安値】を実現する。


LINEで送る

[`evernote` not found]


キッチン・レンジフードのお掃除

お掃除のプロによるキッチンクリーニングはとても丁寧なお掃除方法で、素人には真似のできないくらいの仕上がりになります。

まずは吊戸棚や照明器具などの収納部分を徹底的にキレイに仕上げます。

ガステーブルの場合は五徳など取り外し可能な部分をつけ置きして洗い、つけ置きできない部分も徹底的にキレイにします。

頑固な水垢がなかなかとれないシンク周りもピカピカに仕上げてくれます。

キッチンクリーニングの場合はこのような手順でお掃除を行います。

キッチンクリーニングの方法・手順【業者1】

 

キッチンクリーニングの方法・手順【業者2】

ガスコンロ、シンク、壁面、棚表面、排水溝(2時間~3時間)

このキッチンのクリーニングとは別に、レンジフードのクリーニングを依頼することも可能です。

レンジフードに関しても油汚れがひどく、自分では洗いにくい部分でもあるのでキッチンクリーニングと併せて依頼するといいでしょう。

レンジフードの場合もガステーブルと同様に取り外せる部品はつけ置き洗いをし、シロッコファンを丁寧にお掃除をして、取り外せない部分もキレイに仕上げます。

レンジフードクリーニングの方法・手順【業者1】

 

レンジフードクリーニングの方法・手順【業者2】

ファン、フィルター、フード本体(1時間~2時間)

キッチンやレンジフードは、なかなか落としにくい頑固な油汚れが残りやすい場所です。

特に、ガス台周りにはベタベタした油汚れや焦げ付きのお手入れに苦労されている方も多いかと思います。

シンクには水垢が残りやすいので、お手入れがとても大変ですよね。

気持よく調理をするためにも徹底的に汚れを落としたいものです。

自分では落としきれない汚れは無理をしないでお掃除のプロに依頼してみてはいかがですか?

キッチンのお掃除をプロに依頼すると、今までとは見違えるほどのキレイな仕上がりに驚かれることでしょう。

厳しい審査基準をクリアした優良業者から簡単一括見積りで【高品質】&【最安値】を実現する。


LINEで送る

[`evernote` not found]


洗面所のお掃除

お掃除のプロであるハウスクリーニング業者の洗面所のお掃除は、きちんと汚れの状況を把握したうえで適切な洗剤を選んで作業を行いますのでとてもキレイな仕上がりになります。

お掃除の方法としては、まず照明を外してホコリなどを取り除きます。

水垢が残りやすい鏡や蛇口周り、洗面ボウルなどを丁寧に磨きながらキレイに仕上げていきます。

最後に壁や床などをキレイに拭いてお掃除が完了となります。

洗面所クリーニングの方法・手順【業者1】

 

洗面所クリーニングの方法・手順【業者2】

鏡、収納表面、洗面ボウル、洗面機パン、床(1時間)

ピカピカに仕上げられた洗面所になると、気持よく毎日のお手入れができるようになりますね。

お掃除も簡単なお手入れだけでも良くなり、念入りなお掃除も不要になりますので、結果的に手間がかからなくなります。

毎日顔を洗ったり、歯を磨いたりと生活に欠かせない身だしなみを整える場所でもある洗面所は、水垢汚れがなかなかキレイに落とせないものです。

特に蛇口周りは頑固な水垢が目立ち、元々はピカピカに輝いているはずが水垢で白っぽく見えるほどになることもあります。

洗面ボウルも日常のお手入れをおろそかにしているとすぐに汚れが付着してしまうので、日頃から気をつけて掃除したいものです。

でも、洗面所のお掃除を後回しにしてしまっていて、気がついた時には自分ではキレイにできないほど汚れが目立つようになってしまったという方も多いでしょう。

なかなか洗面所の汚れが落としきれなくなってしまったら、洗面所クリーニングをハウスクリーニング業者にお任せしてみるのもいいかもしれませんね。

厳しい審査基準をクリアした優良業者から簡単一括見積りで【高品質】&【最安値】を実現する。


LINEで送る

[`evernote` not found]


ガラス・サッシ・網戸のお掃除

普段のお掃除では後回しになりがちなのがガラスやサッシ、網戸などのお掃除です。

日頃はあまり気にしていなくても、実は色々な汚れがつきやすい場所でもあります。

ハウスクリーニング業者によるお掃除の方法としては、ガラスは業務用の洗剤が使用されます。

お掃除のプロによるガラス掃除はスクイジーの使い方に注目してみてください。

拭き残しやムラのない仕上がりが素人には真似のできないところです。

サッシの汚れはブラシやスチームを使って汚れを取り除いていきます。

砂埃が溜まってやすい場所なので丁寧にお掃除していきます。

網戸はブラシで洗ったり、水をかけたりして洗浄をします。

ガラス・サッシ・網戸クリーニングの方法・手順【業者1】

 

網戸クリーニングの方法・手順【業者2】

  ガラスのお掃除をするとお部屋の中が明るくなって見違えるようになりますので、最低でも1年に1回~2回はお手入れをするようにしたいものです。

しかし、お掃除をする時間があまりないとガラスやサッシ、網戸にまで手がかけられないという方も多いでしょう。

またお掃除がしにくい場所でもあるので、素人ではなかなかキレイに仕上げることができません。

こういった場所は無理をしないで、ハウスクリーニング業者にお掃除を依頼してみるのも良いかもしれませんね。

お掃除のプロにガラスやサッシ、網戸のお掃除を依頼すると手際良く作業を行いあっという間にピカピカの窓に仕上げてくれます。

自分でお掃除をしようとしても時間がかかり、仕上がりも満足できない場合が多いので、無理をしないでお掃除のプロにお願いしてみてはいかがでしょうか。

 

厳しい審査基準をクリアした優良業者から簡単一括見積りで【高品質】&【最安値】を実現する。


LINEで送る

[`evernote` not found]


ベランダのお掃除

汚れがなかなか落ちなくてデッキブラシでゴシゴシ擦ってみたことがあるという方も多いと思いますが、頑固な汚れになってしまうとなかなか落とせないと思います。

特に床にこびりついた汚れはデッキブラシではあまりキレイにできません。

頑固な汚れがある場合は、業務用の高圧洗浄機やポリッシャーと呼ばれる洗浄機を使用してお掃除をします。

自分では落とせなかった汚れもあっという間にキレイに仕上げてもらうことができます。

ベランダも大切な家の空間の一部なので、キレイに仕上げてもらっていつまでもキレイなままで使用できるように定期的にお掃除をするようにしましょう。

ベランダクリーニングの方法・手順【業者1】

床・手すり・室外機等の表面(1時間~2時間)

家の中は念入りにお掃除をしているのでキレイだという自信があるという方は、ベランダにもきちんとお掃除が行き届いているという自信はあるでしょうか。

ベランダは室外ということもありますのであまり目が行き届かないということもあって、あまりお掃除をしていないという方も多いようです。

しかし、外にさらされている場所だからこそ丁寧にお掃除をしていないとあっという間に大変なことになってしまいます。

定期的にお掃除をするようにして、きれいなベランダを維持しておきたいものですね。

いざ、ベランダのお掃除をしようと思ってもなかなか汚れが落とせないということもあります。

土埃や鳥の糞、コケ、藻などが付着して、気がついた時には頑固にこびりついてなかなか落とせない場合が多いのです。

徹底的にベランダをキレイにしたい場合は、お掃除のプロにベランダクリーニングをお願いしてみてはいかがでしょうか。

厳しい審査基準をクリアした優良業者から簡単一括見積りで【高品質】&【最安値】を実現する。


LINEで送る

[`evernote` not found]


絨毯(じゅうたん)・カーペット掃除

ご自分でじゅうたん・カーペットを掃除するといっても、せいぜい掃除機がけまでではないでしょうか。

じゅうたん・カーペットの繊維の奥に詰まった髪の毛やダニの死骸など、気になりますよね。

ハウスクリーニング業者によるプロのお掃除は、カーペットクリーニング専用の特殊な機械を使用して清掃してくれます。

じゅうたんの繊維の奥まで洗浄してくれますので、仕上がりは掃除機がけをしただけのものとは格段に違います。

まず汚れやシミの具合を確認し、周囲の家具の移動やしっかりと養生を行ないます。

ポリッシャーと呼ばれるカーペット洗浄をするための特殊な洗浄機でしっかりと洗浄します。

送風機で充分乾燥させた後、掃除機で吸引しながら洗浄によって出てきた無駄毛のと繊維の目を整えて終了です。

じゅうたん・カーペットクリーニングの方法・手順【業者1】

ホットエクストラクション・カーペットクリーニング

トラックマウント&ポータブルエクストラクターでのスチームカーペットクリーニングの手順

 

じゅうたん・カーペットクリーニングの方法・手順【業者2】

スチーム洗浄

  じゅうたん・カーペットにこぼしてしまったお茶やコーヒー、醤油、ソース、その他の調味料のシミ等は、素早く対処するに限りますが、素人の清掃ではなかなかきれいになりません。

落ちなくなる前に、プロの清掃業者にお願いするのもいいかもしれません。

掃除機がけをしても、なかなかさっぱりしない、染み付いた汚れが落ちない、といった場合は、プロの清掃業者に相談してみるのもいいかもしれませんね。

厳しい審査基準をクリアした優良業者から簡単一括見積りで【高品質】&【最安値】を実現する。


LINEで送る

[`evernote` not found]


洗濯機除菌クリーニング

洗濯をしたら、洗濯物に黒いカスが付着してきたことはありませんか?

その汚れ、カビです。洗濯槽の裏側に黒カビがびっしりと付着しているのかもしれません。

特に、赤ちゃんや小さなお子さんのいるご家庭では、健康のためにもこの際洗濯槽の清掃を行ったほうがいいかもしれません。

下の動画のように完全には取り外さないで掃除してくれるところのあれば、分解して洗濯槽を完全に取り外して掃除してくれるところなど、方法は、業者さんによってマチマチです。

一般的な2パターンの方法は、下記の動画を参照してみて下さい。

洗濯機除菌クリーニングの方法・手順【業者1】

 

洗濯機除菌クリーニングの方法・手順【業者2】(完全分解編)

  ある程度の汚れなら、洗濯機を分解せずに自分で掃除してみるのもいいかもしれませんが、その汚れの度合によって完全に汚れが取りきれるかはわかりません。

なかなか自分で洗濯機の洗濯槽クリーニングをする暇はないという方や、見えなくて気持ち悪いから、この際分解して完璧に掃除して貰いたいという方など、プロの清掃業者に依頼してみるのも一つの方法かもしれませんね。

厳しい審査基準をクリアした優良業者から簡単一括見積りで【高品質】&【最安値】を実現する。


LINEで送る

[`evernote` not found]