エアコンの効きが悪い

購入してから数年経過したエアコンを使用されている場合、エアコンの効きが悪くなってきたと感じたことはありませんか?

設定温度になっていないのに風量が落ちてしまったりしているなど思い当たる症状がある場合はいくつか原因が考えられます。

エアコン機能そのものが故障している場合はメーカーに修理に出す必要があります。

室外機や基盤が壊れていたり、ガス漏れが原因となることもあります。

これらの原因意外で考えられることはエアコンの汚れが原因です。

エアコンのフィルターにホコリがびっしりで目詰まり状態になっている場合はフィルターのお掃除をしましょう。

長年使用しているとエアコンの内部もホコリやカビで大変な状態になっていることが考えられます。

この状態のままで使用していると故障するだけでなく、部屋中にエアコン内部のホコリやカビを撒き散らすことになり、体に支障をきたしてしまうこともあります。

エアコンの効きが悪くなってしまう原因の多くは、殆どの場合がホコリ等の汚れが原因です。

エアコンの効きが悪くなってきたと感じたら、まずはエアコンクリーニングをしてみましょう。

キレイに掃除をすることでエアコンの本来の機能を発揮させることが期待できます。

エアコンクリーニングをする場合はフィルターは自分でもお手入れすることは簡単にできますが、エアコンの内部となると素人の場合は難しいのが現実だと思います。

ハウスクリーニングの専門業者に依頼することでとてもキレイに仕上げてもらえますので安心して依頼できると思います。

厳しい審査基準をクリアした優良業者から簡単一括見積りで【高品質】&【最安値】を実現する。


LINEで送る

[`evernote` not found]